ご訪問ありがとうございます!

見えない力のような物を感じた瞬間でした

 

趣味の一つのポタリング中、何とな~く気になり立ち寄ったとある神社

森に囲まれたこじんまりとした神社でしたが、

鳥居をくぐり、綺麗に清掃された参道を歩いて拝殿の前に立った瞬間、

今までに味わった事の無いような凛とした感覚を感じ、

その頃は色々な面で心に靄がかかった感じの時を過ごしていましたが、

その靄がパーッと晴れていくような感覚になったのを今でも覚えています。



それまでは、初詣位しか参拝をしていなかった神社・仏閣。

ポタリング中に立ち寄った神社参拝の後からは

心の靄の原因になっていた事が少しづつですが上手く回り出したり、

ちょっとしたラッキーな出来事が増えだしました。
(もしかすると、今までも身近にあったちょっとしたラッキーな出来事に心の靄が晴れた事で気づけるようになったのかもしれません)

そんな体験から、見えない力の存在を感じるべく、

神社・仏閣をはじめ、パワースポットと言われる場所にも足を運ぶようになりました。



2021年4月現在はコロナ過をはじめ、気象変動に地震・・・

混沌とした今、軽やかに!ゆった~りと、波に乗って行きましょ~!!

 

f:id:milkmonaka:20210409100712j:plain



 

心地よいと感じる場所が自分にとってのパワースポット

神社・仏閣・パワースポットと言われる場所などに出かけると

ただ単に、落ち着くな~とか、安心感を感じたり、癒しを感じたり、

何だか分からない勇気・やる気、活力が湧いてきたり、

悩みや迷いがあった時などは、解決策がピンとひらめいたり。

見えない力の存在を感じる事があると思います。

 

逆に、有名なパワースポットに行ってみても、なんだか落ち着かないな~とか、居心地の悪さを感じる時もあります。

それは、今の自分の状態とその場の波動が合っていないからだそうで、しばらくして、以前は落ち着かなかったパワースポットに久しぶりに行ってみると、今度はとても居心地の良い場所に変わっていた。などの体験をすることがありますが、そのような時は自分の波動の状態に変化があったから起こることのようです。

 

この波動の合う合わないは、物や人にも当てはまり、今まで大切にしていた物に急に興味が無くなってしまったり、仲の良かった友人と疎遠になってしまい、人間関係に変化が出てきたり、このような事も今の自分の波動によるものになります。

 

波動とはなんなのか?

波動は目には見えない存在ですが、エネルギーとか周波数の事を言います。

色々な解釈の仕方や難しい科学的な解説はこちらでは割愛させていただき、

私なりの波動ってこんなことなんだろ~な~という事を書かせていただきます。

 

物質を細かく細分化していくと、分子→原子→原子核素粒子となります。

 

素粒子は大きく分けて【物質を作る素粒子】【力を伝える素粒子】【質量を与える素粒子】の特徴を持つグループに分かれます。

 

その素粒子が個々の特徴をいかし、振動することによって様々な物質を作り上げます。

そして振動が物質の周囲に伝わり、空気に揺れを与える。空気の揺れは目には見えませんが、波のように周期をもって伝わる事が波動になります。

 

様々な揺れ動く波動の中で日々を過ごしています

波動にも、高い波動、低い波動、強い波動、弱い波動があるといわれ、

物からの波動や人が出す波動、良い(高い)波動もあれば良くない(低い)波動もあります。

 

引き寄せの法則などでは【波動が合う、合わない】と言われ、今の自分の波動に合った物事が引き寄せられると言われます。

初対面でも気が合う人や、沢山ある商品の中からなぜか目につくと言うのも、その人や物との波動が合っているという事なんだと思います。

しかし、都会に身を置く事が多いと、合う合わないと言っていられない程の多くの波動にさらされます。合う波動が多い時には問題ありませんが、合わない波動が多い場所だと、気持ちがザワザワした状態が続いてしまったり、イライラとしてしまったり、よく言うストレスを感じやすくなってしまうのではないでしょうか?

 

自分にとってのパワースポット

神社・仏閣・パワースポットと言われる場所に実際に行ってみると、普段とは違う清々しい空気感や凛とした空気感を感じます。

やはりこういった場所には、普段さらされている波動とは違う【高い波動】が流れているのでしょう。

 

それぞれの場所ごとに空気感が違い、その場その場で、目に見えない力に、癒しを感じたり、ザワザワした気持ちが静かになっていくのを感じます。

 

それでもたまに、有名な場所であっても、なんだか落ち着かないな~と感じてしまう場所もあり、そういう時はその場の波動に今の自分んの波動が合ってない事になります。

 

また神社・仏閣・パワースポットではなくても、そこに行くと、なんだかミョ~に落ち着いたり、のんび~りした気分になり、時間があっという間に過ぎてしまう場所があります。こういう場所は今の自分の波動と共鳴しているからで、意外と身近にあったりするので、そういう自分だけのパワースポット探しをするのも楽しみの一つです。

 

2021年4月現在、コロナ過でなかなか神社・仏閣・パワースポットにも行きずらいことでもあります。

そんな時は、ウォーキングや自転車などで近場をブラブラしてみたり、通った事のない道を通ってみたり、行った事のない小さな神社に参拝してみたりすると、新しい発見や思いがけない自分だけのパワースポットを発見できるかもしれません。

 

そうして楽しんでいる事で、波動も上がり、都会の混沌とした波動の中でも揺るがない自分でいられるようになっていきます。

 

f:id:milkmonaka:20210501021736j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりやすい所だと、ラジオですね。飛び交っている周波数にチャンネルを合わせる事で目に見えない周波数と言うエネルギーをステレオなどによって音に変え、音も目には見えませんが、耳で認識できるようになります。

 

 

 

そして周波数を音に変えるステレオなどもまたエネルギーでできています。

プラスチック、鉄等の部品も細かく細分化していくと、

分子→原子→原子核素粒子となります。

 

これは人の身体も同じことが言えるそうです。

(今回は科学的な解説は割愛させていただきます)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:milkmonaka:20210501021736j:plain

 

 

鹿島神宮

すべての始まりの地 鹿島神宮

f:id:milkmonaka:20210421160239j:plain

ご祭神である武甕槌大神は、神代の昔、天照大御神の命を受けて香取神宮のご祭神である経津主大神と共に出雲に天降り、大国主命と話し合って国譲りの交渉を成就し、日本の建国に梃身されました。

鹿島神宮の創建は初代神武天皇の御代と伝わります。神武天皇はその御東征の半ばにおいて思わぬ窮地に陥られましたが、武甕槌大神の【韴霊剣(ふつのみたまのつるぎ)】の神威により救われ、この神恩に感謝されて天皇はご即位の年、皇紀元年に大神をこの地に勅祭されました。皇紀元年、すなわち紀元前六六〇年の頃といわれています。

常陸国一之宮 鹿島神宮 (茨城県鹿嶋市

 

御祭神 武甕槌大神 (タケミカヅチノオオカミ)

 

御利益 勝負運・武術向上

 

御朱印 本宮と奥宮 (受付時間 8:30~16:30)

 

東京ドーム15個分の境内には楼門、拝殿をはじめ奥宮、摂社、末社、鹿園、

中でも強いパワースポットとして知られる要岩、御手洗池などなど

みどころ満載で、ゆっくり回ると2~3時間は欲しいところです。

時間に余裕をもってのんび~り、ゆった~り訪れてみると良いと思います。

f:id:milkmonaka:20210419010540j:plainf:id:milkmonaka:20210421165932j:plain

 

 

 鳥居をくぐるとそこは異空間

f:id:milkmonaka:20210422160739j:plain

鳥居をくぐり感じる清々しい空気感。

鹿島神宮の境内は杉をはじめシイ・タブ・モミの巨樹が生い茂っていて約600種以上に及ぶそうで、この清々しい空気感は植物の放つ癒しのエネルギーですね。

 

鹿島神宮の森はヒーリングスポットとしても人気の場所です。

 

また御神木の杉は鹿島神宮の森の中で最も古く、最も大きいそうで、高さ約40m、樹齢は約1300年と言う事です。

 

 

そして、手水舎でお清めし楼門を前にするとその堂々とした姿に圧倒されます。

私が言うのもおこがましいですが、さすが【日本三大楼門】の一つ!です。

f:id:milkmonaka:20210422160638j:plain

こちらの楼門、

寛永11年(1634年)水戸徳川初代藩主徳川頼房公により奉納されました。

高さが約13mあり、重要文化財に指定されています。

 

いよいよ拝殿へ

 

本宮参拝の前に参拝する習わしがあります

f:id:milkmonaka:20210421183649j:plain f:id:milkmonaka:20210421185556j:plain

楼門をくぐると今度は凛とした空気に変わり、右手に本殿、拝殿があります。

そして、左にある摂社が【高房社】

武甕槌大神葦原中国平定に最後まで服従しなかった天香香背男(アメノカガセオ)を抑えるのに大きく活躍された健葉槌神(タケハヅチノカミ)が御祭神として祀られており、昔より、まずこちらの高房社を参拝してから本宮を参拝する習わしになっています。

 奥参道を抜け、奥宮へ

f:id:milkmonaka:20210422161040j:plain

奥宮へ続く奥参道は約300mで静かな巨木の中を進む一歩ごとに迷いや悩みが消えていくような感覚になります。

途中には、さざれ石、鹿園があります。

f:id:milkmonaka:20210423232438j:plain f:id:milkmonaka:20210423232620j:plain

 

 その先が【奥宮】

f:id:milkmonaka:20210421170157j:plain

 只今改修工事が行われている最中でした。(2021年4月)

20年ぶりの改修工事になり期間は2年。

その間、武甕槌大神の荒魂は仮殿に移されています。

 

最強パワースポット【要石】

奥宮での参拝が済んだらその先に要石と御手洗池があります。

まずは、鹿島神宮の中でも最強パワースポットと言われている【要石】へ

 

地中深くまで埋まる要石あが、地震を起こす鯰の頭を抑えていると古くから伝えられています。水戸の徳川光圀公がどこまで深く埋まっているか確かめようと7日7晩にわたって掘らせたものの、いつまで経っても辿り着くことができなかったばかりか、怪我人が続出したために掘ることを諦めた、という話が黄門仁徳録に記されています。

と、ある様に、なにか巨大なパワーを秘めている事が分かります。

奥宮の裏の方角へ進み細い参道を行った先にあります。

f:id:milkmonaka:20210421170324j:plain f:id:milkmonaka:20210428151051j:plain

少し薄暗い細い参道を歩いて行くと

パッと現れる凛とした空間!そこが【要石】になります。

f:id:milkmonaka:20210421170406j:plain

 

其の昔、参拝の前にはこちらで禊をされていた

要石で最強パワーを頂いたあとは宮内最奥に位置する【御手洗池】へ

神社へ行くとまず手水舎で手と口を漱ぎ、こちらも禊の一種になりますが、其の昔は参拝の前に、この御手洗池で禊をしていたようです。

私の参拝順序では一番最後になってしまいましたが、そこはご愛敬、と言う事で(笑)

 

一日に40万リットル以上の湧水が湧く御神水で、底が一面見渡せるほどに澄みきっています。池の裏手に流れる御神水は持ち帰る事もできます。飲用には煮沸をするように書かれてありました。マイボトル持参でぜひパワーを頂いて帰りましょ~

 

f:id:milkmonaka:20210428154023j:plain f:id:milkmonaka:20210428154054j:plain

御手洗池には不思議な話も多くあり、

神代の時代にたった一晩で湧いたという伝承があり、干ばつの時にも池の水が枯れなかったそうです。

そしてもう一つ、大柄な大人が入っても、小さな子供が入っても水位が胸のあたりまでしかこないと言う不思議な話もあるようです。

 

私の参拝順でこちらの御手洗池が最後になり、池の前には公園とお茶屋さんもあり、何時も池の周辺でのんび~りと休憩をとる事が多く、私の中の癒しスポットになっております。

 

参拝の際はぜひ、最奥の御手洗池まで足を運ばれる事をおススメします!

f:id:milkmonaka:20210428155657j:plain



まだまだ、摂社・末社、宝物館など見所が沢山ある鹿島神宮

自然に癒されながら最強のパワーを感じに行かれてみてはいかがでしょ~!

 

満月でパワーチャージ

家に居る事の多くなりがちな現在、体調管理も含め、散歩をしたりしています。

 

今日も夜の散歩中、空を見上げると綺麗な満月でした。

(画像は自分では今一つ上手く撮れなかったのでお借りしています)

f:id:milkmonaka:20210427225413j:plain

 

帰宅後ネットニュースを見ると

4月の満月の事をピンクムーンと言う事を知りました。

 

趣味で波乗りをするのですが、潮の満ち引きでコンディションが変わります。なので波乗りに行く時は潮の満ち引きを確認し出かけたりしますが、その潮の満ち引きに関係しているのが御存じの通り月になります。

 

今日のように満月の時は潮の満ち引きの動きも多く、1m前後の海面高さがあったりします。月との平均距離は約38万キロと言われています。そんな果てしない距離がありながらこの地球にそれだけの影響を与える月(満月)、月にまつわる神話も数多く存在し、スピリチュアルな世界や、占い・風水にも深く関わりのある神秘的な存在です。

 

満月を見上げていると、ただ単純に、綺麗だな~と思うと同時に、悩みがス~と消えていたり、思いがけないアイデアのような物が湧いて来たり、何か不思議なパワーを感じるような気がします。

 

人間の身体の60%が水分、海の水にあれだけの影響を与える月(満月)

人間にも何かしらの影響があるのだろうな~と、

今日も、ピンクムーンにパワーをいただきました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

違う角度、違う目線

 


定期的に行っている場所に向かう車での道中

 

何時もは運転席に座っているのですが

 

今日は諸事情で助手席側の後部座席へ。

 

何気に外を見ていると、

 

一瞬、別の場所?道間違えてない?と錯覚してしまうほど

 

運転席からの景色と違った景色が眼に飛び込んできました。

 

運転中の目線とボ~っと外を見ている目線の違いもありますが、

 

たかだか数十センチ違った場所から見ると

 

世界(ちょっと大げさ)が全く違って見えるんだな~と

 

今の世の中も、少し違う角度や違う目線で見てみると

 

また、違う現実が目の前に現れてくるのかな~ なんて

 

感慨深い思いになりました。

 

 

f:id:milkmonaka:20210419220235j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関東最強パワースポット!東国三社

東国三社とは

日本の神話の中の国譲りの時に重要な役割を担った三神が祀られた、

鹿島神宮茨城県鹿嶋市)・香取神宮(千葉県香取市)の二社の神宮と、息栖神社(茨城県神栖市)の一社の神社の三社の総称になります。

 

※神話については、神社庁ホームページ、メニューから日本の神話「国譲り」のページを見ていただくと分かりやすいと思います。

神社本庁 | 公式サイト

 

伊勢神宮に匹敵するパワースポット

江戸時代には、関東以北の人々は伊勢神宮に参宮した後に、禊の【下三宮参り】と称し三社を参拝されていたようです。

現在は、三社を巡り参拝する事を「東国三社参り」として多くの方が参拝されています。

そして、こちらの三社の鎮座する場所を結ぶと、直角二等辺三角形のトライアングルになり、そのエリアは強力なパワーがあると言われており、人生に迷った時などに参拝に訪れると、ご利益を授けて頂けるとも言われております。

 

東国三社のご紹介

三社の参拝の順番は特に決まっておりませんが、

【鹿島立ち】と言う言葉もある様に、私の独断で、

鹿島神宮をスタートに息栖神社、香取神宮の順番でご紹介いたします。

 ※車での参拝では効率良く参拝できた順でもあります。

 

新たな道へ進むスタートを切る時に【鹿島神宮

f:id:milkmonaka:20210416231025j:plain

鹿島神宮 常陸国一之宮(茨城県鹿嶋市

 

ご祭神・武甕槌大神タケミカヅチノオオカミ)

 

 御利益・勝負運 決断力 行動力 交渉力

 

【鹿島立ち】

其の昔、防人や武士が旅に出る時に鹿島神宮に無事を祈願した事で広まり、

日本神話のタケミカヅチ大神が地上を平定した事にも由来し、鹿島神宮を「すべての始まりの地」とし、何かを始める時など、人生の転換期、新たなスタートを切る時などに訪れると良いとされております。

 

目標に向かい導いてくれる【息栖神社】

f:id:milkmonaka:20210413220405j:plain

 息栖神社 (茨城県神栖市

 

ご祭神 主神・久那斗神(クナドノカミ) 

    相殿・天乃鳥船神(アメノトリフネノカミ)                   

       住吉三神

 

ご利益 航海、交通、旅の安全守護

 

鹿島神宮香取神宮の武神としての力強さに対して、二神を導く役目のこちらの息栖神社は、静けさ、冷静さ、のような物が感じられる神社です。

神話の中の大きな出来事を支え先導した神様、何か大きな目標が決まった時などに参拝をされると、そこに導いていただけるのではないでしょうか。

 

利根川沿い一の鳥居の両脇に、2つの井戸があり「忍潮井(おしおい)」と言われ、清水が湧きだしており、日本三霊水の一つになっております。

また、井戸の中には男瓶、女瓶があり、水の澄んだ日にしか見えづ、その瓶の姿が見られると幸運に恵まれると言われています。

 

人生の勝負時、迷いが出た時に【香取神宮

f:id:milkmonaka:20210413220725j:plain

香取神宮 下総国一之宮(千葉県香取市

 

ご祭神 経津主大神(フツヌシノオオカミ)

 

ご利益 勝負運 道開き

 

鹿島神宮と並び武神の香取神宮。ご祭神のフツヌシノオオカミは特に剣の神として崇められる天津神の一柱です。鹿島神宮は「すべての始まりの地」何かを始める時にパワーを頂ける場所、そしてこちら香取神宮は何かを始める時の迷いを断ち切り決断し、「意を決する場所」と言われております。

私事になりますが、朱色の鳥居をくぐり、大きくカーブした勾配のある参道を歩き、登り切った目の前に現れる鳥居、少し階段を上り総門をくぐり、そして楼門をくぐり拝殿の前に立った瞬間にはすでに迷いが吹っ切れたような不思議な感覚になった事を覚えております。

 

最強パワーをいただき、より良い人生へ!

 神社・仏閣・パワースポットと言われる場所には、

高い波動や強い波動、良い気の流れがあると言われます。

参拝しいただいた【高く強い波動や良い気!】

日常の忙しさに戻り、

いただいた波動や気が薄れて行きそうになった時には何時でも助けになってくれます!

 

三社参りのご利益を何時でも何処でも感じられます!

東国三社守り 

最初に参拝した所で本体のお守りを購入し、他の二社ではシール式のお守りを購入し本体に貼っていくお守りになります。

f:id:milkmonaka:20210413221745j:plain

 

 そして、御朱印

f:id:milkmonaka:20210419010540j:plain

御朱印もその時の自分の思い願い

そこでいただいた高く強い波動を思いかえらせてくれます。

 

東国三社参りの御朱印は、

鹿島神宮鹿島神宮奥宮

息栖神社

香取神宮香取神宮奥宮

の五か所でいただく事になります。

 

関東最強パワースポット、東国三社

機会があればぜひ三社をお参りし、パワーをいただき

より良い人生を歩んでいきましょ~!!



 

思い立ったが吉日!

朝目覚め、予定をしていた事がキャンセルに・・・

 

じゃ~って事で、

 

思い立ったが吉日!

 

行ってみたかった場所へ

 

「東国三社参り」へ行ってまいりました!

 

日本で最強パワースポットと言われる伊勢神宮

 

でも、住まわれている地域によっては参拝するのは大変だったりします。

 

私もその一人、参拝しに行きたいのはやまやまなのですが

なかなか、時間の問題があったりと・・・

 

そこで、私でも実現可能な伊勢神宮を参拝したのと同じご利益があると言われる「東国三社参り」へ

 

東国三社とは

茨城県鹿島神宮、息栖神社、千葉県の香取神宮の三社になります。

 

※各神社等の詳しくは後程に

 

ひとまず、本日参拝した概要報告を。

 

まずは、鹿島神宮

f:id:milkmonaka:20210413220532j:plain



そして、息栖神社

f:id:milkmonaka:20210413220405j:plain

最後に、香取神宮

f:id:milkmonaka:20210413220725j:plain

 

三社、とても清々しく、凛とした空間でした!

 

(三社参拝の詳しくは、後日アップします)

 

 

三社を巡り、

 

清々しく、凛とした空間に身を置き

 

改め、身の引き締まるような感覚になり

 

自分の中の【気】がパワーアップした本日でした。

 

東国三社、大願成就のお守りもいただきました~!

 

自分の願いに向け、突き進んでまいります!!

f:id:milkmonaka:20210413221745j:plain

 

やりたい事をやる!!

最近、何となく気になったり、見聞きする言葉【やりたい事をする!】

 

今までも、やりたい事はやって来たとは思っていましたが、

 

実際に今までの人生を振り返ってみると、

 

あの時もっと・・・・・・・  

 

と、まだまだやり切れていなかったりする事が多々あります。

 

人は人生の終わりに、やらなかった事に後悔すると言います。

 

今、自分が人生の終わりを迎える事になった時・・・・・・・

 

やりたかった事が沢山あって後悔してしまうな~

 

だったら、【やりたい事をやって行こ~!!】

 

目の前の小さな事から、

 

他の人から見ると「何のために?」と思われてしまうような事でも。

 

 

 

 一瞬「えっ!」とおもうタイトルのこちら後悔したくない方は必見です!